hyoromoのブログ

iOS/AndroidもしくはCocos2dxネタを書いています

iOSアプリの申請時や申請後のアレコレ

割と知られてないだろうなーって事をザクっとまとめて書き残しておきます。

特急審査

iOSアプリの審査ってだいたい5営業日くらいですよね。「ふええ…この日までに公開しないといけないのに><」という全世界の幼女や、「スクレイピングしてたサイトの仕様変更でアプリが正常動作しなくなっちまったぜー」という野郎のために通常より早く申請して貰えるようAppleに懇願する事が出来ます。
やり方は以下サイトへアクセスして、アプリ情報と特急審査してほしい理由を英語で書いてあげればOKです。ただし、必ず特急審査してくれる訳ではなく、理由が弱かったり審査に忙しかったりすると拒否られちゃいます。でも、受理されれば1・2営業日くらいでチャチャッと審査してくれます。いちかばちかのファイナルウエポンです。
Request an Expedited App Review

申請後に5営業日以内にレビューされる割合

App Store Review Status」欄に5営業日以内にレビューされるかどうかの割合が表記されています。これで今混んでるかどうかが分かります。
New and Announcements for Apple Developers

そのreject異議あり!(2013/04/02追記)

審査結果に納得がいかない場合、通常はreject内容が記載されている「Resolution Center」ページに記載していくのですが、ここに記載すると審査した人との一方通行なやり取りで終わってしまう事があります。そんな時はアプリ委員会に不服を申し立ててみましょう。おそらく他の人がレビューし直してくれるので、結果が覆る可能性があります。ただし、結果が返ってくるまで一週間くらい待つ必要があり。
Submit an Appeal to the App Review Board

審査してる人にテレホン(2013/04/02追記)

reject内容が意味不明で「Resolution Center」や「Submit an Appeal to the App Review Board」でやり取りしても意味分からない!って時は「Resolution Center」ページに「ちょっと何言ってるか分からないんで日本語で電話しませんか?」というメッセージを書き込めば電話してくれるかもしれません。その際はアプリ詳細に電話番号を書く必要があります。国際電話なので090から始まる場合「+81-90-0000-0000」、080から始まる場合「+81-80-(ry」といった感じで。
テキストの場合はやり取りに1ターン1週間、しかも答えてくれない場合あり。なのに対し、電話だとすぐ答えてくれるし、答えられない質問に対しても割りと明確な理由を教えてくれます。。。でも、reject結果が覆ることは稀なのでしょうね。

公開アプリのバナー表示

公式サイトのLink Makerからリンク付きバナーを取得できます。シンプルな公式バナーを利用したいならこれで!
LinkMaker
他には非公式でAppHtmlメーカーとかありますね。アプリのレビューサイトとかがよく使っているのはコレや、この類似サービスや改造したもののようです。
AppHtmlメーカー

AppStoreのアプリURLの短縮化

公式サービスの「AppStore.com」を使えばのような「appstore.com/iTunes Connect上のアプリ名」という表記でアプリ詳細へアクセス可能です。
例えば、「ぼっちりとり」アプリだと以下のようになります。
https://itunes.apple.com/us/app/bocchiritori/id625153931?l=ja&ls=1&mt=8
http://appstore.com/bocchiritori
先頭の「http://」はあってもなくても構わないようですが、こういったページに貼る際はhttp://を付けないと自動リンクされないので付けてます。
まぁ他の短縮URLサービス使えばいいかもしれませんが、公式を使ったほうが貼られてる表記名を見た時にユーザが安心するでしょうね。たぶん。