hyoromoのブログ

iOS/AndroidもしくはCocos2dxネタを書いています

Hello GitHub World

前々回に git を導入してみましたが、
今回は github を導入してみたいと思います。

現状

gitはインストールして、少し触った程度。
githubの前知識は、
・フリーで使え、いくらか使用領域を確保してもらえる。
・他人がリポジトリを好き勝手にフォークできる。

アカウントの作成

以下の公式HPからアカウントが作成できます。
GitHub · Build software better, together.
トップページの下の方に「sin up now」ボタンがありますので、
こちらを押すとアカウント申請がおこなえます。
ユーザー名やパスワードを聞かれるので、順次入力していきます。
最後にsshの公開鍵が必要になりますので、持って無い場合は作成します。
私は持っていなかったため、以下のサイトを参考に作成しました(ただしMac)。
Mac OS XでSSHの公開鍵と秘密鍵を設定する。 - るるぷらす

リポジトリの新規作成

ダッシュボードが表示されるので、新規リポジトリ作成してみる。
プロジェクト名、簡単な説明と聞かれるので適当に入力しておきます。
登録し終わると、次に何をしたらよいか?を明確に教えてくれます。
※ここでは todolist プロジェクトを作成しています。

$ mkdir toodlist
$ cd todolist
$ git init                        # gitリポジトリに取り込む
$ touch README                    # テスト的にreadmeファイル作成
$ git add README                  # 変更をコミットする為の予約コマンド
$ git commit -m 'first commit'    # コミットする際のコメント
$ git remote add origin git@github.com:hoge/todolist.git
$ git push origin master          # リポジトリに反映させます

これでコミット完了。
ブラウザ上でも確認ができます。

wikiの使用

各プロジェクトに対し、1つのwikiが用意されます。

forkの仕方

プロジェクトページのフォークボタンを押せばフォークできます。
フォークすると完全に独立したリポジトリになるので、好き勝手触れます。

git clone git://github.com/hogehoge/todolist.git

まとめ

git 単体よりブラウザで管理できるため、視覚的に分かりやすく、導入もしやすいです。

次回

気が向いたら、もう少しいじり倒してみようと思います。
気が向かなくても、githubを使って何か作っていく予定です。

参考サイト様

今回は以下のサイトを参考にさせて頂きました。
どうもありがとうございました。
とっても優しい github の使い方 - ¬¬日常日記