hyoromoのブログ

iOS/AndroidもしくはCocos2dxネタを書いています

「モコちゃん」というAndroidアプリをWindowsストアアプリへを移植


昔にAndroidでリリースしたモコちゃんを、Windows8/RT向けに移植してWindowsストアへ公開しました。
モコちゃん
1日体験利用可能な有料(160円)アプリです。

アプリ内容

このアプリは前にブログで書いたように「教育」をターゲットにしたアプリです。画面上に記号を書いたら対応表に従って、モコちゃんが返事をしてくれる事による子供の情操教育アプリ...のハズです。

Androidアプリとの違い

モコちゃんの音声を全て作り直し&対話数を増やしました。
技術的な話では、AndroidアプリだとGestureOverlayView APIを利用して好きなストローク(記号)を登録して使用していましたが、Windowsストアにはそんな便利なAPIは無いので手書き認識APIであるInkManager.GetRecognizersで代用しました。好きなストロークを扱うことは出来ませんが、アルファベットなどの認識は可能なのでそういった場合に使うと良いのではないでしょうか*1

こんな人にもオススメ

  • 疲れた人
  • 現実逃避したい人
  • 鬱な人

小ネタ

このアプリで2回ほどrejectされたのですが、その内の一つが「要件 6.5」を満たしておらず詳細情報が書かれたPDFには「Provided App "Description" not localized」と書かれていました。詳細内容を確認しても特に問題が見当たらなかったので、「審査担当者へのコメント」にrejectされた詳細理由の提示を求める英文を追加し、再申請したら何故か審査に通過しました。それが担当者のさじ加減の差異か、最初の担当者による確認ミスなのか、審査基準を妥協してくれたのか...はよく分かりません。ココらへんフィードバックが貰えないと次に生かせないし、モヤモヤして嫌ですね。
この件は似たケースで同じような事をして審査通過した人も居て、稀に発生するようです。人による審査だから仕方ないのでしょうね。

*1:言語指定出来ないため、日本語を認識する事は出来ません