hyoromoのブログ

iOS/AndroidもしくはCocos2dxネタを書いています

じゃんけんゲーム

前回から日にちが空きましたが、とりあえず一通り参考書は読み終えました。
そこで、練習プログラムの定番である『じゃんけんゲーム』を組んでみようと思います。

内容は 0=グー,1=チョキ,2=パー の中からどれかを入力するだけ。

#! /usr/bin/ruby
WIN_MESSAGE = "YOU WIN"
LOST_MESSAGE = "YOU LOST"
DOWR_MESSAGE = "DRAW"

def judge_janken (player, cpu)
  te_h = {0 => "グー" , 1 => "チョキ", 2 => "パー"}

  case player
  when 0
    case cpu
    when 0
      p DOWR_MESSAGE
    when 1  
      p WIN_MESSAGE
    when 2
      p LOST_MESSAGE
    end
  when 1
    case cpu
    when 0
      p LOST_MESSAGE
    when 1
      p DOWR_MESSAGE
    when 2
      p WIN_MESSAGE
    end
  when 2
    case cpu
    when 0
      p WIN_MESSAGE
    when 1
      p LOST_MESSAGE
    when 2
      p DOWR_MESSAGE
    end
  else
    p "入力エラー"
    return
  end
  
  p "PLAYER:" + te_h[player] + "、CPU:" + te_h[cpu]
end


p "じゃんけんゲーム(ルール:0がグー、1がチョキ、2がパー)"
p "じゃんけん開始:"
player = gets.to_i
cpu = rand(3)

judge_janken(player, cpu)

練習用なので、いろいろ試しています。
最初は変に頑張らないで、地道にやっていきますよ。